Your message was sent successfully
08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 ・・・休業日  ・・・夜間休業
09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 ・・・休業日  ・・・夜間休業

→ご予約はこちら

ご予約・お問合せ0599-26-5252

営業時間11:00~14:30 16:30~19:30(L.O.)

三重の美味しいお酒をどうぞ

地酒のこだわり

三重の食材には三重のお酒

古くより朝廷に食料を献上する「御食つ國 (みけつくに) 」と呼ばれた三重県では、伊勢海老・鮑・的矢牡蠣・ハマグリ・マグロ・鰹などの新鮮な魚介類の食材に恵まれてきました。三重の蔵元はこれらの食材や料理に合うお酒を造ってきました。三重県内では「山田錦」「五百万石」「伊勢錦」などの様々な酒米が各地で栽培されています。「山田錦」は「山田穂」を改良して作られた品種ですが、「山田穂」は伊勢参りの際、三重の宇治山田(伊勢市)で見つけた穂を持ち帰って試作して始まったとも言われています。

JIZAKE

地酒|華月

昔からの深いつながり

~伊勢神宮とお酒~

平安初期の文献「皇大神宮儀式帳」からも神饌(しんせん)【神様のお供え物】としてお酒が大切に取り扱われていたことがわかります。今日でも、神宮の重要なお祭りである6月と12月の月次祭(つきなみさい)と10月の神嘗祭(かんなめさい)には、白酒(しろき)・黒酒(くろき)・醴酒(れいしゅ)・清酒の4種のお酒がお供えされます。このお酒は清酒を除き皇大神宮(内宮)の神域にある忌火屋殿(いみびやでん)【神饌の台所】において古式どおりに奉醸されています。

食材へのこだわり

地元三重の食材を使用
食材へのこだわり

おしながき

旬な地元の海の幸
おしながき

店舗ご案内

華月の紹介
店舗ご案内

空席・ご予約

ご予約は便利なホームページで
空席・ご予約

Translate »

おしながき