Your message was sent successfully
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 ・・・休業日  ・・・夜間休業
11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ・・・休業日  ・・・夜間休業

→ご予約はこちら

ご予約・お問合せ0599-26-5252

営業時間11:00~14:30 16:30~19:30(L.O.)

交通のご案内

伊勢神宮

http://www.isejingu.or.jp/

日本人のこころのふるさと、伊勢神宮。皇室の御祖先の神である天照大御神がお祀りされています。垂仁天皇の26年(紀元前4年)に、神路山・島路山を源とする五十鈴川の川上にご鎮座された『日本人の総氏神』です。

所要時間:当店よりお車で約30分

志摩スペイン村

http://www.parque-net.com/

スペインをテーマにしたリゾート施設。テーマパーク・ホテル・温泉施設があります。たくさんの遊戯施設、エンターテイメント施設、レストラン、ショップがあり、子どもから大人まで、スペインの魅力を楽しめるテーマパークです。

所要時間:当店よりお車で約40分

おかげ横丁

http://www.okageyokocho.co.jp/

伊勢神宮内宮前にあるおかげ横町。50余りの店が軒を連ねる、江戸時代末期から明治時代初期の門前町の町並みを再現した一つの町。塀の囲いもなく、自由に散策できます。伊勢路の名産品や土産物、そして名物料理を楽しめます。

所要時間:当店よりお車で約30分

ミキモト真珠島

http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/

御木本幸吉が世界で始めて真珠養殖に成功した島にあるテーマパーク。真珠の仕組みや美術工芸品を展示した「真珠博物館」、ショップやレストラン、さらに海女の実演を見ることができます。

所要時間:当店よりお車で約7分

鳥羽水族館

http://www.aquarium.co.jp/

世界屈指の規模を誇る太陽系最大級の超水族館。世界でここだけしか会えない大物「ジュゴン」と「アフリカマナティー」は見逃せません。その他「ラッコ」「バイカルアザラシ」「イロワケイルカ」など見ごたえのある水族館です。

所要時間:当店よりお車で約6分

鳥羽展望台

http://www.toba-tenboudai.com/

知多半島から渥美半島、ぐるりと大王崎まで、パールロード随一の眺望と称されています。全席オーシャンビューの開放感を味わえる創作和食レストラン、カフェ、地物市場とテイクアウトコーナー、土産物が揃っています。

所要時間:当店よりお車で約25分

店主のおすすめスポット

伊射波神社

伊射波神社

海の博物館

海の博物館

鳥羽展望台

鳥羽展望台

鎧崎灯台

鎧崎灯台

伊射波神社(いざわじんじゃ)

鳥羽市安楽島町にある「伊射波神社」は地元では「かぶらこさん」の名前で 親しまれ、縁結びの神様、志摩の国一宮として知られています。鳥羽では石神さん、彦滝さんとともに鳥羽三女神として有名です。祭神は、稚日女尊 (わかひめのみこと)・伊佐波登美命 (いざわとみのみこと)・玉柱屋姫命 (たまはしらやひめのみこと)・狭依姫命 (さよりひめのみこと)の4柱とされています。

海の博物館

海女や漁、木造船、海の祭りなど、海と関する約6万点(内6879点が国指定重要有形民俗文化財)の民俗資料を所蔵し、展示する博物館です。全国から収集された約90隻の木造船や海女資料は見ごたえがあります。建物は日本建築学会賞や公共建築百選にも選ばれており、鳥羽の海辺で拾った海藻を使ったしおり作りやハガキ作りなどの体験ができます。
※詳細は問い合わせを(0599-32-6006)

鳥羽展望台

鳥羽と鵜方を結ぶパールロード途中にある鳥羽展望台は太平洋を見下ろす箱田山の山頂にあり、その眺望は360°のパノラマが楽しめる。渥美半島から大王崎まで、天気がいい日は富士山まで見渡すことができ、海抜163mの高台に位置しているので、日の出を眺めるには絶好のスポットとなっている。
水平線から昇る日の出を見ようと元旦の初日の出は特に賑わいを見せます。鳥羽の名産品などの取り扱いもしている。

鎧崎灯台

(よろいざきとうだい)

倭姫命がここに来て鎧を脱いだという神秘に由来しているとか。志摩半島の最東端にあり、昔から漁師を見守ってきた灯台。眼下には紺碧の太平洋が一望でき、荒々しい波が岩に砕け散る、壮大な大自然の風景を見ることができます。鎧崎(よろいざき)の名前は、倭姫命が天照大神鎮座の地を求めて、国崎に立ち寄り、その時に倭姫命が岬で鎧をはずしたことから、「鎧崎」と命名されたと言われているそうです。

食材へのこだわり

地元三重の食材を使用
食材へのこだわり

おしながき

旬な地元の海の幸
おしながき

店舗ご案内

華月の紹介
店舗ご案内

空席・ご予約

ご予約は便利なホームページで
空席・ご予約

Translate »

おしながき